ポケモン金銀が3DSで遊べるように…!!

ゲーム




かがくの ちからって すげー!

いまでは むかしのゲームが いまのゲームきで あそべちゃうんだって!

 

2017年、9月22日。ニンテンドー3DSのVCに、ポケットモンスター金銀が新たに加わりました…!!

1999年11月21日に発売された、ポケモン第二世代。当時中学生だったぼくは、夢中になってプレイしていました。銀バージョンを購入し、ワニノコを選び、初代のひどいグラフィックも大きく改善されていて大喜びで遊んだのを覚えています。

 

そんな思い出の詰まったゲームソフトをもう一度プレイできると知って、配信日を待ちわびていました。

もう一度プレイしても、思い出補正なんてかかっていなくて、とても懐かしくおもしろかったです。

30歳になっても夢中になれるとかいうポケモンとかいうお化けコンテンツの恐ろしさを思い知りました。




ポケットモンスター金・銀とは

初代ポケモン、ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウの続編です。

初代の3年後が舞台で、前作はカントー地方を冒険したのに対して、金銀ではジョウト地方を冒険します。

新たに見つかったポケモンが100種類ほどいて、前作のポケモンが新たに進化したり、進化前のポケモンがいたりも。

また、初代で育てたポケモンたちを金銀のソフトに送ることもできます。

グラフィックが劇的に綺麗になったのは衝撃でしたね。前作はポケモンのグラがひどい…。

どのポケモンも、はっきりいって

「キモい」です。

それが改善されました。

 

また、初代はバグも凄まじかったです。

道具のメニューを開いてセレクトボタンを押しただけで画面がめちゃくちゃになったり、ポケモンのレベルや技が変わってしまったり、別のポケモンに変化してしまったりとか…。そいつもなくなっていましたね。

 

グラの進化やポケモンの進化に加えて、もうひとつ大興奮の要素が。

ジョウトを冒険し終えて四天王を倒すと、カントー地方を冒険することができます。初代からのファンにはたまらないですねー!!お馴染みのジムリーダーたちを倒すと、カントーのバッジも集めることができます。

そして最後のお楽しみは、前作主人公レッドとの対戦。山奥にとんでもなく高いレベルのポケモンたちを連れて引きこもって(?)います。

 

もう一度プレイしても楽しい

18年ぶりくらいにプレイしても、ストーリーやらどこにどのポケモンが出るやら覚えていました。ぼくの脳みそ、優秀説。

今度のプレイではヒノアラシを選んで冒険しました。こやつ、かわええ…。

当時もお世話になったデンリュウやらエーフィやら赤ギャラドスも従えて、ジョウト、カントーを制覇してレッドにも勝ちました。ポケモン楽しい…。

現代ではインターネットでゲームの攻略情報もゴロゴロ転がっています。いろいろ調べながら進んでみると、当時は知らなかったことを知りました。

たとえば、第三世代まではポケモンの技は箇々ではなくて、タイプごとに物理技か特殊技か決まっていたということ。

こうげきに依存する物理技は
ノーマル、かくとう、ひこう、どく、じめん、いわ、むし、はがね、あく。

 

とくこうに依存する特殊技は
ゴースト、ほのお、みず、くさ、でんき、エスパー、こおり、ドラゴン。

という風になっていたんですねぇ…。これじゃあギャラドスとか使えないじゃないか…。

こんな感じで懐かしいながらも新しく知る情報も多く、新鮮さもあったのでした。

 

無事、ポケモン金銀クリアー(?)

何をもってゲームクリアと呼ぶのかわかりませんが、18年ぶりの金銀の世界の冒険は、レッドを倒してホウオウを捕獲して幕を閉じました。

スイクン、エンテイ、ライコウは捕まえないことにしました。

めんどくさいからです。まぁ、気が向いたらやるかも…。

ホウオウ捕まえたら一気に熱が冷めた感じです。

でも、ワクワクする時間をもう一度味わえて楽しかったです。

 

ありがとう、任天堂。ぼくはこれからも任天堂に貢ぎ続けることでしょう