2年続けて感じた、筋トレのメリット

筋トレ

みなさんは筋トレというものをご存知ですか。

重いものを持ち上げ、筋肉に負荷をかけ、痛めつける行為。

ぼくは2年ほどこの自傷行為をしています、こんにちは。

 

筋トレにはおびただしいほどのメリットがあります。

今日はそのメリットなどを紹介してみようと思います。

ただしここで紹介するのは、ぼくの極めて個人的な感想です。

筋トレに対する色々な科学的データはすでに出揃っていて、本やネットでまとめられているのであえてぼくが書くこともありません。

そういったデータを知りたい人はググったり、テストステロンさんの本を読むといいのではないでしょうか。

ということで、この記事には科学的なデータなどなにひとつなく客観性のカケラもありません。

それどころの騒ぎではなく「あ、そういえばこれも筋トレのメリットかも」などと、なんとなく思いついたことを勝手にホイホイとあげていくだけの、実用性とはほど遠い記事になります。

「ぜひそんな記事を読みたい」という奇特な方は、このまま画面をスクロールすることなく、今すぐ病院へ直行してください。

筋トレで得られるメリット

本やネットでも散々いわれていますが、筋トレには様々なメリットがあります

自分で実際に2年続けてみて、実感しております。

なんで筋トレなんかしてるの?とよく聞かれますが、それはこっちからしたらなんで筋トレしてないの?ってほどの素っ頓狂な質問です。

なんで筋トレしてないの?

さて、満を持して、ぼくが実感したメリットを紹介します。

メリットは、

  • 筋トレの成果が肉体の明らかな変化という目に見える形で現れてくれてうれしい
  • やればやるほど成果が出るので、努力は報われるということを身をもって知ることになる
  • 実年齢よりも若く見られる
  • 早寝・早起きになった
  • ストレスを溜め込まなくなった
  • 筋肉に気を使うようになるので、間食しなくなったりお酒を飲まなくなるのでムダな出費が減る
  • とか思ったけど元から間食しないしお酒もほとんど飲まない
  • どんなに気分が落ちていても筋トレするとウソのように吹き飛び、自信がみなぎってくる
  • ただしひと晩寝て起きると元に戻る
  • 筋トレ後は明らかに頭が冴えている
  • ただしひと晩寝て起きると元に戻る
  • 「確かに筋トレをした」という証の筋肉痛が心地よい
  • ちなみにMではない
  • 女の子が「すごーい♡」と言いながら胸筋をめっちゃ触ってくるようになる
  • 女の子にモテるようになりたい

ほかにも、捻り出したらあと7000個ほどはメリットが出ますが、飽きたので次行きます。

一番のメリットはコンプレックスをなくせること

たくさんメリットをあげましたが、1番のメリットはコンプレックスをなくせることなんじゃないのかなー、と思います。

それか、女の子が胸筋を触ってくるということ。

ちなみに、上の写真はぼくとはみじんも関係のない、ネットで拾ったフリー素材です。

 

太っている、ヒョロヒョロ、体力がない、すね毛が濃い、胸毛も濃い、なのに髪の毛は薄い、臭い、背が低い、etc…

人は色々なコンプレックスを抱えているかと思います。

筋トレを始め、続けることでそれら多くのコンプレックスがあとかたもなく消え去ります

ぼくの場合はヒョロヒョロなのが大きなコンプレックスでしたが、それが消えました。

 

ぼくが筋トレを始めたきっかけは、年を重ねるにつれてなんだかお腹が出てきたからです。

自分は痩せ型だし太ることはないだろう。そんな慢心が招いた結果です。

ヒョロヒョロなのにお腹だけ出ている。それが何を意味するのか。

そう、妖怪「餓鬼」になる、ということです。

このままお腹が出ていけば餓鬼と成り果て、人ならざる醜い妖怪として残りの人生を飢えと乾きに苦しみながら決して満たされることなく死んでゆく —。

そんな人生に強い危機感をもったぼくは、気づけば近所の体育館の簡易ジムに入会していました。

そして2年間修行をして、シャボンディ諸島に再集結しました。

だれと?

 

結果、いまだにお腹はひっこんでいません

いや、若干はひっこんだかも知れません。そんなレベルです。

ただし、胸筋が隆起したので、相対的にお腹はひっこんだといえます(?)

オールオッケーです(?)

筋トレを継続するコツ

筋トレのメリットを一心不乱に書き綴ってきましたが、筋トレは何ヶ月も何年も続けないと成果は出ません。

というわけで最後に筋トレを継続するコツを教えちゃいます。

筋トレを継続するコツ…。それは、

不純な動機をもつことです。

具体的に言うと、ジムに来る綺麗なお姉さんを見る・あわよくばお話しして仲良くなる、イケメンを見る・あわよくばお話しして仲良くなる、とかです。

結局、痩せたいだとかマッチョになりたいだとかの目標だけ立ててやっていても、つまらないと思うんです。

つまらないから、すぐにやめてしまう。

だからこういった人間の本能に抗えないような目的をもつことで継続できます。

今日もあの美女を見るためにジムまで行っちゃおーっと。ムフフ。

とりあえずそんな目的でジムまで足を運んでしまえばこっちのもんです。

ジムまで行ってしまえば、やらないわけにはいきません。筋トレ。

実際、ぼくはそんな不純な動機のおかげで筋トレを継続出来ています。

そしてそんな不純な人間にぴったりのプライベートジムがあるんです。

その名は「プライベートジム【EZIL】 」。

なんとこちら、トレーナーが全員美人女性という天国のようなプライベートジムです。

女性目線でのモテボディを作ろうというコンセプト。

筋トレだけではなく食事指導も徹底的にしてくれるので、短期間でそれなりのモテボディがつくれるはず。

筋トレを継続したいけどできないという全人類のみなさん、ぜひお試しあれ。

プライベートジム【EZIL】を詳しく見る

ということで、筋トレに対する個人的な意見でした。

いいぞ、筋トレは。