もしも3億円手に入ったら? 川村元気・「億男」が深かった




映画化も決まっている、川村元気さんの小説・億男(おくおとこ)を読みました。

おもしろくて一気読み。

お金とは何なのかについて、改めて考えさせられる内容でした。




億男・あらすじ

モロッコの砂漠

妻が子供を連れて家を出て行ってしまった。しかも自分は弟の借金3000万円を背負っている。

そんな男、一男はある日宝くじを手に入れます。

その宝くじが当選していた…。その額なんと3億円…。

借金も返せて、家族も戻って来る。そう思った一男でしたがそうすんなりとはいきません。

まずはこの大金をどうしたらいいのかわからない。誰に相談したらいいのかもわからない。

だれも信用できませんでした。

しかし、ただひとり信用できる男が思い浮かびます。それは大学時代に親友だった男、九十九(つくも)でした。

九十九とは大学を卒業して以降は疎遠になっていましたが、一男は久し振りに連絡を取ってみます。

そこには大学時代と変わらない彼の姿があったのですが、九十九の家で夜を明かすとそこには信じられない光景が ー 。

お金・信用について深く考えさせられた

大量のお札

お金って稼ぐのもそうですけど、使うのも難しいですよね。

一般的なサラリーマンが突然3億円もの大金を手にしてしまったら使い方がわからないでしょう。

ぼくも読みながら考えてみましたが、とくに使い道が思い浮かびませんでした。

高級車を買って、いい場所に広い家を買ったり、ブランド品を買い漁ったり….。

こういったことは、ぼくはあまり物欲がないので興味ないんですね。

まぁ、実際に3億円を手に入れる時が来たら(来ない)じっくりと考えるとします。

お金と、「信用」についても考えさせられました。

人を信じるということですね。億男には一男の他にも大金を手にすることとなった人たちが登場します。

その人たちはお金の魔力に取り憑かれ、人を信用することができなくなってしまいました。

その結果…。

 

人を信じるって、簡単そうでとても難しいことなんですよね。しかもお金が絡んでくればなおさら。

何十億なんてお金が絡めばぼくは悪魔に魂を売らない自信がありません。

もっとお金の勉強をしなければなりませんね。

億男を読んでお金の本質を学ぼう

夕日の中読書をする少年

大金を手にした男の人生が華々しく変わった話かな〜と思って読んだ億男。

全然違いましたね。

むしろ大金を突然手にしてしまったことによりとまどい、悩み、葛藤することになるという…。

お金とはなんぞや、信用とはなんぞやという本質的なことについて深く触れている話でした。

お金について考えたい人にオススメの1冊です。億男、ぜひ。