仮想通貨の本【仮想通貨1年生の教科書】と【これからを稼ごう】が面白かった

仮想通貨




2017年末から2018年の年始にかけて大盛り上がりだった仮想通貨も、その後暴落し続けていますね。

でも、技術面では日々進歩していたり、規制も世界中で進んでいます。

まだまだ仮想通貨は黎明期といったところでしょう。そのうちまた大きくも盛り上がるのでは?と個人的には思っています。

そんな仮想通貨に関連した書籍も数多く出ています。

ということで最近、2冊の仮想通貨の関連本を読んでおもしろかったので紹介します!!




億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書

書籍「億り人ハイパーポインの仮想通貨1年生の教科書」の表紙

まず1冊目。こちらは仮想通貨の投資にフォーカスした本ですね。

億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書

ツイッターの仮想通貨界隈の有名人、ポインさんの著書です。

ポインさんは過労で倒れて働くことができなくなり、しかも600万円もの借金を抱えて途方に暮れていたそうです。

しかしまだ大ブームになる前に仮想通貨と出会い、一発逆転を果たしました!!うらやましい!!

そんなポインさんが、どのようにして仮想通貨投資を始め、どのように戦略をたてて稼いできたのかを余すことなく教えてくれるのが「仮想通貨1年生の教科書」になります。

仮想通貨の始め方から、ポインさんのオススメ仮想通貨、どんなマイルールで取引してきたのかなどとても興味深い内容でした。

2017年は、仮想通貨は買うだけで誰でも儲かるという空気でしたが、実際に設けている人はこんな感じでしっかりと勉強して戦略を立てて行動していたということがわかりました。

仮想通貨投資に興味のある人はぜひ読んでおくべき1冊です。

これからを稼ごう-仮想通貨と未来のお金のお話-

書籍「これからを稼ごう-仮想通貨と未来のお金のお話-」の表紙

続いて2冊目の紹介。

これからを稼ごう-仮想通貨と未来のお金のお話-」の著者は、ご存知ホリエモンこと堀江貴文さんです。

そして監修は大石哲之さん。仮想通貨の特に技術面に精通したエキスパートです。

仮想通貨1年生は投資面に特化した内容になっているのに対し、こちらは仮想通貨の技術的な面や、仮想通貨の浸透により世の中はこれからどのように変化していくのかなどの見解が主な内容になっています。

仮想通貨の基本的な仕組みや、仮想通貨の何がすごいのか。また、お金の正体やこれから先お金はどうなっていくのかなどを知ることができます。

特に後半の未来の話は面白かったですね〜。堀江さんは先見の明がとても優れているので、きっとこの本で語ったような未来になっていくのではないでしょうか。

とてもワクワクする未来がやってくるようです。

堀江さんがどんな予想をしているのか知りたい方はぜひ「これからを稼ごう-仮想通貨と未来のお金のお話-」を読んでみてください。

仮想通貨はまだまだこれから

 ビットコイン

こういった本を読むと、2017年のバブルなんてまだ序の口という気がしてきます。

まぁ、そうであってほしいという期待が大きいというのもありますが。

でもこれから規制もきちんとした方向で強化され、技術も進歩してもっと社会に仮想通貨が浸透していけば、すごいことになりそうです。

今のうちに仮想通貨の知識をつけておくのがいいと思います。