【映画】話題の「カメラを止めるな!」がめちゃくちゃおもしろかった!

映画

カメラを止めるな!」という映画がめちゃくちゃおもしろい。

そんな情報を最近いたるところで目にしたり耳にしたりしていて、とても気になっていました。

気になって気になってしょうがないのでついに観てきました。

おもしろい、おもしろいと言うので、それはそれはおもしろいんだろうなとかなりハードルを上げて観に行った感じになってしまったのですが…。

そのハードルをあっさりと飛び越えるおもしろさでした。観に行ってよかったです。

ということで、重大なネタバレは避けて紹介します!!

※画像はすべて公式サイトより

カメラを止めるな! あらすじ

出だしはホラーで、ゾンビが次々と襲ってきます。

実はこれ、「37分ぶっ続けのワンシーンカットのゾンビサバイバル映画」の撮影。

みんな迫真の演技なのですが、いくつも「ん? なんか変だな」と思うシーンがあります。

なんか変だなを頭に残しつつも、ゾンビ映画が終わると場面は一転、1ヶ月前のお話に。

なぜこのゾンビ映画を、しかも37分ぶっつづけのワンカットなんてムチャなことをやったのか、その経緯を知ることになります。

そこで数々のアクシデントがあり、なんとか乗り越えながら映画の撮影に臨むことになったのですが…。

撮影中にもたくさんのアクシデントが…。

そんなお話。

カメラを止めるな! 感想

いやー、本当におもしろかったです。

おもしろいというのは、コメディ的なおもしろさですね。

冒頭はゾンビゾンビでハラハラ、中盤は「これがどうやっておもしろくなるんだ? 過大評価かな? 」と思うようなちょっと退屈なシーンが。

隣の席のおばさんが寝ているほどでした。(マジ)

それが後半は館内が爆笑の渦につつまれましたね〜。ぼくも何回も声を出して笑ってしまいました。

隣のおばさんもいつの間にか起きて笑っていました。

なにがどうおもしろいのかを伝えたいのですが、ネタバレになってしまうので控えます。

とにかく、観た人みんながおもしろいおもしろいというのは過大評価ではありませんでした

とくに数々の伏線の回収がすごくきもちよかったです。

ぜひ人類全員に劇場でこの快感を味わってほしいです。

この記事を書きながらもニヤニヤしてしまった

もちろんカメラを止めるな! を思い出しながらこの記事を書いていたわけですが、ニヤニヤしてしまいますねー。

予算300万円でもこんなにおもしろい作品が作れるんですねー。

あの発想はなかったわー、と感心する気持ちもあります。

どういうことか詳しく書きたいのですが、冒頭でネタバレはしないと書いてしまったので詳しく書きません。

知りたい人は、ぜひ今すぐ「カメラを止めるな!」を観に行ってください!!

満員御礼で観られないかも知れませんが。