明日はこないので「明日から本気出す」は不可能です。

雑記







ー 明日から本気出す。

この言葉を口にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

今日まではダメだったけど、明日から本気を出す。

本気を出して人生を変える!!

あまたの人たちが、鼻息荒く、そう意気込んだ経験をもっていることでしょう。

もちろん、ぼくのそのうちのひとりです。

 

あぁ、この本いいことがたくさん書いてあったなぁ。

よし、明日から本気出して実践してみよう!!今日はもう寝る!!

プログラミング覚えたいなぁ…。
よし、明日から本気出してプログラミング勉強してみよう!!今日はゲームする!!

なんか最近ちょっとおなかが出てきたような気がするなぁ…。

よし、明日から本気出して筋トレしてみよう!!今日はラーメン食べる!!

こんなことがたくさんありました。

しかしぼくはとんでもないことに気づいてしまったのです。

「明日は来ない」

ということに。

 

よく自己啓発本なんかで言われる「明日じゃなくて今行動しろ!!」みたいなことではありません。

明日はこないんです。

つまりどういうことかというと、「明日」はこないんです。

…。

 

わかりやすく具体例を出して説明します。

「今日」って今日じゃないですか。確かに存在しているわけじゃないですか。

んで、その今日の夜、「明日から本気出す!!」って言って寝るわけです。

今日の次の日が明日なんだから、当然次の日は「明日」になっているハズじゃないですか。

ぼくもずいぶん長い間そう思っていました。

でも違っていました。

今日という日の次の日の朝目を覚ますと、なんとまた「今日」になっているんです。

では明日はどこに行ったのかというと、なんと「明日」のまま。微動だにしていない。

 

ひええ。

 

ゾッとしましたね。たぶんこの事実に気づいている人はほとんどいないのではないでしょうか…。

今日の次の日は明日ではなく、また「今日」。

明日は永遠にこないんです。

つまり、「明日から本気出す」というのは「永遠に本気出さない」と宣言しているようなものなんですね。

なんということでしょう…。

 

ぼくは、

「いい本読んだけど永遠に実践はしない」

「プログラミングを覚えたいけど永遠に勉強はしない」

「おなかが出てきたけど永遠に筋トレはしない」

などと宣言していたのです。完全にアホです。

こうして明日なんてこないということに気づかず、怠惰な日々をすごし続けてきました。

とてもチャーミングですね。

 

明日は来ない。だからやりたいことは今日やらなければ一生やらない。

そういうことです。

しかし頭のいいぼくは、ある逃げ道を思いついてしまったのです。

それは「日付を指定する」こと。

明日やろうと決めると永遠にやらないけど、何月何日からやろうと思えばとりあえず先延ばしにできます。

天才。

怠惰の天才ですね。

筋トレしたいけど、今日はなんか体がダルい気がするから9月9日から始めよう。

そんな感じです。

 

こうしてぼくは、とりあえず先延ばしにして予定日が来るとさらに先延ばしにするという無限ループに陥り、結局「明日やろう」と変わらない状態を手に入れることに成功しました。

めでたし、めでたし。

何の話や。