小説「思い出が消えないうちに」が涙なしでは読めなかった




コーヒーが冷めないうちにシリーズの新作、

思い出が消えないうちに

を読んだのですが、ボロボロと泣いてしまいました…。

シリーズ1の感動作でした。

今作では大切な人の死について深く考えさせられるお話ばかりでしたね…。

それではあらすじや感想を紹介します。




「思い出が消えないうちに」の舞台は北海道・函館の喫茶店

コーヒーシリーズの過去作、コーヒーが冷めないうちに、この嘘がバレないうちにと同様に時空を超えた4つの物語が語られます。

喫茶店では過去作でお馴染みの人物たちが店員をやっていますが、少し違うのは今作の舞台はフニクリフニクラではなく、北海道・函館の喫茶店「ドナドナ」

この喫茶店でもフニクリフニクラと同様に過去に戻ることができるといいます。

しかしルールもフニクリ・フニクラと同様。

  1. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない
  2. 過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない
  3. 過去に戻れる席には先客がいる
    その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
  4. 過去に戻っても、席を立って移動する事はできない
  5. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、
    そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ

これらのめんどくさいルールを知ってもなお、大切な人に会いたい、あるいは憎い人に文句を言いたいという4人。

その4人が「思い出が消えないうちに」で心温まるストーリーを展開していきます。

時間を超えた4つのストーリー

4つのお話のあらすじを紹介します。

第一話「ばかやろう」が言えなかった娘の話

めんどくさいルールを知ってなお、過去の戻りたい女性のお話です。

自身が生まれてすぐに死んでしまった両親に会いに過去へ行くというその女性。

周りの人たちは当然、大好きな両親に会いに行くんだと思います。

しかしそれは違っていて、女性は両親を憎んでいるというのです。

果たしてその理由とは…。

そして両親はどのような思いで女性を産み、亡くなっていったのでしょうか。

第二話「幸せか?」が聞けなかった芸人の話

お笑いの大会で優勝した後、とつぜん失踪した売れっ子の芸人。

彼は5年前に愛する妻を亡くしていました

その妻との約束がお笑いの大会で優勝する事だったのです。

失踪していたはずの彼がとつぜん喫茶ドナドナに現れ、過去に戻って妻に会いたいと言います。

そして妻に会いに過去に戻りますが…。

芸人の相方は「あいつは過去から戻らないつもりだ」と言います。

果たして彼の思いとは…。もう過去から戻ってこないのでしょうか…。

第三話「ごめん」が言えなかった妹の話

笑顔の絶えない仲のいい姉妹のお話。

しかし妹は病気で亡くなってしまいました

それからの姉は笑わなくなり、白昼夢を見るなど精神障害も残してしまいます。

順調に交際していた婚約者とも距離を置いてしまったのですが、ある日とつぜん妹が過去からやってきて…。

もちろん自分と姉の未来のことなんて知るはずのない妹。

果たして彼女は何のために姉に会いに来たのでしょうか。

第四話「好きだ」と言えなかった青年の話

芸人を目指すひとりの青年のお話。

彼は何度も何度も東京でお笑いのオーディションを受けますが全然受かりません。

自分の事に夢中になり、大切な女性の変化に気づく事ができなかった彼

その女性は病気だったのですが、彼に気を使って、彼には知らせずに渡米して手術を受けます。

あとからその事を知った彼は愕然とし、過去の彼女の元へと飛びます。

果たして彼の思いとは…。そして彼女の手術は成功するのでしょうか。

大切な人の死について深く考えさせられた

「思い出が消えないうちに」では、人の死が深く関わってきます。

それも、自分の大切な人の死。

…涙なしでは読めません。

泣きたい・感動したいという人にピッタリの小説ですね。

ぼくも、自分が大切だと思っている人が死んでしまったらどうしようと考えてしまいました。

結論は、人はいつ死ぬかわからないので会える時に会っておいたほうがいいな、という感じですかね。

自分自身含め、昨日までピンピンしてても明日生きているという保証はありません

後悔ないように生きましょう。

大切な人に伝えたいことがあるのなら、後回しにしないことですね。