【映画】人魚の眠る家のあらすじ・感想

映画

東野圭吾さん原作の映画、

人魚の眠る家

を鑑賞してきました。

東野圭吾さん作品屈指の感動大作の実写化です。

愛情や人の死について深く考えさせられる物語でした。

ということで、あらすじや感想を紹介します。

人魚の眠る家・あらすじ

夫の浮気が原因で別居中の夫婦、和昌薫子

ふたりは娘の瑞穂の有名私立小学校の受験を終えたら離婚すると決めていました。

瑞穂の面接試験の予行演習を行っていたある日、和昌に一本の電話が…。

なんと瑞穂がプールで溺れて集中治療室に運ばれたといいます。

急いで病院に駆けつけたふたり。

瑞穂の心臓は動いているものの、脳がほとんど機能していないと告げられました。

つまり脳死状態の可能性が非常に高い、と。

医師に脳死判定をするかどうか聞かれますが、これを拒み、延命措置をとることになるのですが…。

人の死について深く考えさせられた

人の死ってむずかしいですね。

心臓は動いているのに、ずっと寝たきりで何もできない

果たしてそれは生きているといえるのでしょうか

なんでも日本の法律では、脳死の可能性が高いと判断された場合、脳死判定を行うかどうかを親族などが決断することになります。

もしも「脳死判定をする」を選び、脳死と判定された場合、死亡扱いとなり臓器提供も可能に。

脳死判定をしない」を選択したら生きているとみなされ、延命措置をとることになります。

むずかしいですよね。

ぼくは、もしも自分がそんな状態になったら延命措置はされたくないです。

でも自分ではなく、自分の大切な人がそうなってしまったらと考えると…。

うーーーーむ。

やはり心臓が動いているのに「死んだ」なんて思いたくなく、脳死判定をせずに延命したいと思うでしょうね。。。

人魚の眠る家・感想

東野作品にしては珍しくミステリーやサスペンスではない人魚の眠る家。

死について大きく問いかけると同時に、感動もさせる

そんな傑作映画でした。

母親である薫子の気持ちもわかりますが、周りの人たちの気持ちもわかります。

 

心臓は動いているし排泄もする。娘は死んでいない。

 

心臓が動いていたって喋りも動きもしないんだから死んでいる。母親はおかしい。

 

うーむ。

まぁ、ぼくが脳死状態になったら潔く脳死と判定されて、臓器を提供するので使ってくださいね

おわり