引っ越しがめんどくさすぎる件

雑記

みなさん、引っ越し、してますか??

この記事はほぼただのグチになります。

「グチを読みたいなぁ」という変わった方はこのまま読んで大丈夫です。

「何かおトクな情報があるのでは??」という方はごめんなさい。まったくありません。

それではスタート!!

 

ぼくは引っ越しをしました。

7ヶ月前にぐんまけんからはるばるTOKYOに、夢とギターをひっさげてやってきたのですが、7ヶ月でもう引っ越しをしました。

距離にして3kmほどの引っ越しです。

たった3km引っ越すだけなのにえらい時間と労力とお金がかかりました…。

いやぁ、ほんとに引っ越しってめんどくさい。

でも新居はすごくよいところなので引っ越してよかったです。

 

なんで7ヶ月という短期間で引っ越したのかというと、、、

ズバリ騒音ですね。

2階の住人の騒音がひどくてひどくて、家にいる時がストレスでした…。

ドシンドシン足音やら、大ボリュームで音楽やテレビを…。

木造なのでよけい響くんですかね。耳栓やイヤホンをしていても振動もすごくて防ぎようがありませんでした。

よく7ヶ月も耐えた。えらい。

 

他にも、独立洗面台がないだとか、街行く人の歩きタバコ率・路上唾吐き率の高さなど不満がたくさんありました。

「駅近で家賃安いから」と安易に物件を決めた7ヶ月前の自分に忠告したいです。

(住む場所は重要だ。よく考えて、多少家賃が高くてもいいところに住め。)などと。

自宅というのは心が安らげる場所じゃないといけませんね。思い知りました…。

 

さすがに限界で、このままでは何か自分のうちに秘めたのドス黒いものが心と体を蝕み、自信を凶暴な魔物へと変貌を遂げて世界を滅ぼしてしまいかねない。

そんな強い危機感を抱いたぼくは、引っ越しを決めました。

 

決めたものの、、、

いやぁ、ほんとに引っ越しってめんどくさい(2回目)。

 

ネットでよさげな物件を永遠に探し、不動産仲介業者のところに押しかけ、内見し、書類に同じようなことを何回も南ア会も書き、審査をされ、また契約書に同じようなことを何回も何回も記入する。

これでもう数週間くらいかかりますね。審査に落ちたりしたら振り出しに戻る。

お金も家賃前払い、敷金・礼金、仲介手数料などでとんでもない額が吹き飛びます。

賃貸契約を決めたらお次は引っ越し業者に連絡、以前の住居の解約の連絡、電気・ガス・水道にも連絡と、まだまだやることはたくさんあります。

めんどくさいの極み。

 

そして荷造りもめんどくさいし荷ほどきもめんどくさい。

どうなってるんだ…。

引っ越しが終わったら区役所に行って転出の手続きと転入の手続き、免許センターや警察署で免許証の授所変更もしなければなりませんし、ジムも入会しなおさなければなりません。

ジムは徒歩圏内にないと行く気になりませんからね。

 

こうして、ついにこれらの地獄のようなめんどくさいタスクたちをすべてかたづけ、新しい住居を手にいれる(借りただけ)ことができました。

新居もうるさかったらどうしよう…とちょっとビビっていましたが、とんでもなく静かなところで最高です。

トイレと風呂が別で、独立洗面所もあります。

すばらしい。

前のところよりもちょっぴり家賃は上がりましたが、お金をかけてでも自宅でストレスなく過ごすほうが大事ですね。

とくにぼくのようにストレスに弱い人間は。

しかし今回は本当にいい教訓になりました。

住む場所は妥協してはいけない。

これ、大事です。

 

終わりです。

 

オチはありません。