ONE PIECE大好き人間がピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜を体験してきた

雑記




富・名声・力。

かつてからこの世の全てが寝ているうちに手に入らないかなぁと思っているグータラ王のぼくです、こんにちは。

突然ですがみなさんは「ONE PIECE」をご存知ですか??

というか「ONE PIECE」をご存知でない人をご存知ですか???

ご存知ないでしょう。そこらへんのイヌやネコでさえONE PIECEを読んで感想をつぶやいていますもんね。

ONE PIECEといえば誰もが知る国民的人気海賊マンガで、にわかには信じられないほどのおもしろさでぼくをはじめとした全人類の心を鷲掴みにしているオバケコンテンツです。

一体ONE PIECEの何がぼくたちの心を惹きつけるのか。

少年の頃からONE PIECEを読み続け、30歳を過ぎて中年になった今でもジャンプ・コミックス・TVアニメでONE PIECEを細かくチェックしているONE PIECEラブラブ愛してるオジさんのぼくが、極めて専門的な観点からそのヒミツを暴き、類まれなる語彙力を駆使して解説しましょう。

まず、ストーリーが最高。すごくヤバい。

そして、世界観が作り込まれている。マジでヤバい。

さらに、登場人物が個性的。鬼のようにヤバい。

以上が、ぼくが長年にわたり研究を続けて導き出したONE PIECEのおもしろさのヒミツです。ヤバい。

こうして大のONE PIECE好きとして知られ、日々ONE PIECEのストーリーや謎に想いを馳せて暮らしているぼくですが、このたび東京ワンピースタワーにて開催されるONE PIECEの公演に参加してきました。

公演の名は「ピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜」。6月に開催され、大好評だった参加型マルチエンディングRPG公演の再演です。

とんでもなくヤバいONE PIECEが題材の参加型RPG公演。これはもう想像を絶するほどの公演になるに違いない、おもしろすぎて公演中に気絶してしまうかもしれない。。。

期待と不安が混じり合い、公演の日まで夜しか眠れない日々が続くこととなりました。そしてついにやってきたイベント当日…。果たしてどれくらいヤバかったのか…。

ということで、ONE PIECEが好きすぎて前置きがONE PIECEの連載期間くらい長くなってしまいましたが「ピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜」の体験談をどうぞ〜〜〜!!!




ピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜とは

ピーストレイル・タイトル「ピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜」は「東京ワンピースタワー」という東京タワー内にあるテーマパークで開催される、お客さん参加型の公演です。

参加したお客さんは冒険者となり、「トンガリ島」で出会うお馴染み麦わらの一味オリジナルキャラクターから依頼されたクエストをこなしたり、情報やコインを集めて物語を進めていくというアトラクション公演。

冒険者たちがどんな冒険をしたかによってエンディングが変化します。

Story|あらすじ
トンガリ島には、試練を乗り越えるとなんでも願いを叶えてくれる〝奇跡の泉〟があるという。

隣国ストルミアの2人の王子は、自分たちの国を救うべく試練を受けにトンガリ島へ上陸していた。

ところが、泉の番人エリックは間違えて試練に必要な〝虹色の蜜〟を〝麦わらの一味〟に渡してしまう。

蜜を口にしたルフィ達は〝虹色の蜜〟の成分により声が失われてしまった!
王子の願いを叶えるため、そしてルフィたちの声を取り戻すためには
泉が湧くまでに再び〝虹色の蜜〟を完成させなくてはならない。

キミは冒険者となり、みんなと協力して一緒に〝奇跡〟を起こせるか。
さあ、新しい冒険へ出発だ!

公式サイトより引用

ピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜の遊びかた

ピーストレイルの様子

冒険者は最初に3枚の「チップ」を手にします。このチップはONE PIECEの世界の通貨「ベリー」とはまた別物で、ピーストレイル内で情報やアイテムを入手するのに必要なもの。

パーク内を移動しながら、いたるところで繰り広げられるクエストやゲームをクリアするとチップをもらうことができるんですね。

クエストとは麦わらの一味の困りごと。一味の手伝いをして、困りごとを解決してあげます。

例えばこちらはルフィとウソップのクエスト。
ルフィ&ウソップのクエストなにやら海兵のダンカンに見つからないように花を入手したいようなので、うまく花をとれるようにルフィ&ウソップにみんなで指示を出してあげます。ダンカンばかやろう。

「ゼルダの伝説」でこういうのよくありますね。なぜか前方の限られた範囲だけしか見えないという敵に、見つからないようにアレするアレです。

こんな感じで他にもたくさんのクエストが発生するので時間の許す限りどんどん一味を助けてあげましょう。

そして冒険者たちの行動によって変化するエンディングを見て、公演終了。

マルチエンディングなので、一度だけでなく何回参加しても楽しめます

今回ぼくが目にしたエンディングは、ヤバい感じでした。ヤバい。

あっという間の1時間だった

肉を食べるルフィ

公演は1時間なのですが、楽しくて一瞬で過ぎてしまいました。

参加型の公演というのを体験するのは初めてで、新鮮さもありました。

麦わらの一味のクオリティも高く、あれはまさしく麦わらの一味
ピーストレイル・麦わらの一味とくにナミさんの美貌がとんでもなく、まさにボンッキュッボンのナイスバデーにぼくの心の中のサンジが「ナミすわぁ~~ん♡♡♡」と叫びだし、あやうく鼻血がふきだして大サンジになるところでした。

また、個人的にちょっと感動したのは、海兵キャラの敬礼の仕方

ONE PIECEの世界の海兵は、手の甲を相手に見せるように敬礼をします。
理由もちゃんとあって、帆船というのは船員がロープを引っ張って船を動かすわけですが、ロープについているタールで手は真っ黒に汚れてしまいます。

そうして汚れてしまった手のひらを相手に見せるのは失礼だから、手のひらを隠すように敬礼するというワケなんですね。

この敬礼を海兵のダンカンがキチッとやっていて「おぉ、原作に忠実だ」と感動しました。ダンカンこのやろう。
そんな各キャラたちのクオリティの高さも手伝って、公演への没入感は抜群

物語の世界に入り込みあれやこれやと動き回っているうちに、あっという間に時間が過ぎ去り、麦わらの一味たちとのお別れの時間に。

要領がつかめずバタバタしてしまい、残念ながらクエストにたくさん参加することができませんでした。
ナミのゴールドVIPカード
でもちゃっかりチップで交換できる記念品「ナミのゴールドVIPカード」をゲットして帰路につきました。

公演の詳しい日程など

ワンピースタワー
尾田絵

ということで大興奮しながら楽しんできたピーストレイルですが、公演は全4回。

11月8日(金)・11月9日(土)・11/15日(金)・11/16(土)、すべて開場19:15で19:30開演、という日程です。

開催場所は東京ワンピースタワーの5Fてっぺんフロアとなります。

大人気公演のようで前売り券はすでにどの日程のものも売り切れてしまっていますが、当日券は買える可能性があるのでONE PIECE好きな人も(いるわけありませんが)そうでない人も、気になる方は東京ワンピースタワーの公式ツイッターでチェックしてみてください。

 

…。

 

人はいつ東京ワンピースタワーに行くと思う・・・?

心臓を銃で撃ち抜かれた時・・・・・・違う

不治の病に犯された時・・・・・・違う

猛毒キノコのスープを飲んだ時・・・・・・違う!!!

・・・ピーストレイル〜冒険者と奇跡の泉〜が開催される時さ・・・!!!

 

ということでぜひピーストレイルを体験してきてください。めちゃくちゃおもしろいです。

…え?本当にそんなおもしろいのかって??

 

うるせェ!!!いこう!!!(どんっ!!)