ミステリ小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」のどんでん返しにやられた




久々に一気読みするほどおもしろい小説を読んだぼくです、こんにちは。

小説の名は
「medium 霊媒探偵城塚翡翠」

mediumuは「メディウム」と読みます。

著者は相沢沙呼さんです。

このミステリーがすごい!とか、本格ミステリ・ベスト10 とかのランキングで1位だったので買ってみました。

そうしたら、このミステリーがすごかったです。

ぼくの大好きな「最後のどんでん返し」がすごかったです。

ということで早速どんな小説だったか紹介します!!

重要なネタバレは伏せます。




medium 霊媒探偵城塚翡翠のあらすじ

不思議な能力をもつ少女と推理作家が殺人事件を解決していきます

推理作家の香月史郎は、これまでいくつもの事件を解決してきました。

世間では若い女性ばかりを狙う連続殺人鬼が人々を脅かすある日、香月は霊媒であるという城塚翡翠と出会います。

翡翠の不思議な能力を借りて、周りで起こる殺人事件を解決していきますが…。

ふたりはいつしか件の連続殺人の事件にも巻き込まれて行くことに。

果たしてふたりは連続殺人鬼の正体を暴くことができるのでしょうか。

香月と翡翠のエピソードの合間合間には連続殺人鬼の心情が描かれます。

とにかく最後のどんでん返しが衝撃だった

mediumは最後のどんでん返しが衝撃的でした

事件のトリックや香月と城塚の恋模様(?)もおもしろいのですが、ラストエピソードで明かされる事実のすごさにすべてもっていかれました。

最初からもう一度読み返したくなるやつでした。

しかもどんでん返しはひとつだけではありません。

香月に関すること、連続殺人鬼に関すること、そして城塚翡翠…。

ラストエピソードに突入した途端「えっ!?どういうこと!?どういうこと!?」という、軽いパニックに陥って驚異的なスピードで最後まで読んでしまいました。

ネタバレは伏せると宣言してしまったので詳しいことは伝えられませんが、まさにやられたー!!という感想でしたね。

著者の相沢さんにすっかりやられました。

絶対に騙されるので騙されたと思って読むべし

ミステリ好きにはたまらない小説です

ということで「medium 霊媒探偵城塚翡翠」のあらすじ・感想を紹介しました。

正直、どんでん返しがすごすぎて今となっては「どんでん返しがすごかった」しか覚えていませんがミステリー好きな人は全員読んでください。

騙されたと思って読んでみてください。ほんとうに騙されますから。

ほんとうにおもしろいです。

ミステリー関連の賞を総なめにしただけのことはあります。

相沢沙呼さんの他の作品にも注目ですね。