みさきまぐろきっぷでお得に三浦半島を楽しんできました

雑記




みなさんは「みさきまぐろきっぷ」というものをご存知でしょうか。

ぼくは最近知って、先日このみさきまぐろきっぷを使って三浦半島にふらっと出かけてきました。

多くの人は、「お得に三浦半島をふらっと旅したいなぁ」と思ったことがあるでしょう。

ぼくも思いました。

そんな時にぴったりなのが、みさきまぐろきっぷなのです。

美しい景色を見て、おいしいまぐろを食べて、水族館を満喫して帰ってきました。

とても楽しい日帰り旅行になったので、みさきまぐろきっぷを紹介しちゃいます。




とんでもなくお得な「みさきまぐろきっぷ」

みさきまぐろきっぷはとにかくお得

みさきまぐろきっぷ。

それは京急が提供する、とんでもなくお得なきっぷです。

1.電車&バス乗車券

2.まぐろまんぷく券

3.三浦・三崎おもひで券

この3枚のきっぷがセットになったものが、THE☆みさきまぐろきっぷ。

みさきまぐろきっぷで三浦半島を満喫しましょう
※画像は公式サイトより

電車&バス券は電車の往復きっぷ&三浦半島現地のバスの1日乗車券、まぐろまんぷく券は現地でみさきまぐろきっぷ加盟店で使用できる食事券、三浦・三崎おもひで券は同じく現地の加盟店で使用できる券です。

>>まぐろまんぷく券が利用できる店舗一覧(公式サイト)

>>三浦・三崎おもひで券が利用できる店舗一覧(公式サイト)

きっぷの値段は出発する駅によって変わりますが、品川駅からでもなんと3,570円という驚きの安さ。

この値段で、三浦半島へ行ってバスを乗り回して食事して水族館を満喫して帰ってこれちゃったりできるんです。

京急は攻めてるな〜と思いました。

ということでぼくは品川駅でこのみさきまぐろきっぷを購入して、三浦半島へと旅立ちました。

みさきまぐろきっぷでいざ三浦半島へと

三浦半島からは天気が良ければ富士山も見えます

品川駅を訪れ、JR連絡用改札口の京急線乗り場の手前にある「おトクなきっぷ」専用券売機にてみさきまぐろきっぷを購入。

みさきまぐろきっぷ A と書かれたきっぷを改札に通して、いよいよ三浦半島へ旅立ちます。

品川駅を出発して、電車は終点の三崎口駅を目指して進みます。

品川から三崎口までは、1時間20分ほど。

ド平日だったのですが、同志(みさきまぐろきっぷユーザー)と思われる人が何人もいました。

人気なんですね〜。

途中で外に河津桜なんかも見えて、移動時間も楽しめました。

そしてあっという間に三崎口駅に到着。

駅の改札を通る際は、通したきっぷの取り忘れに注意してください。

みさきまぐろきっぷA券はまだ現地でバスの乗車券としても、帰りの電車のきっぷとしても使用するので。

暴風吹き荒れる三浦半島を満喫

ウォーキングコースではキレイな景色が見えるスポットがいくつも

現地に到着して、失敗したな〜と思ったことがひとつ。

いくらなんでも風が強すぎない??

天気と気温は気にしていて、当日はあったかそうだし絶好の遠足日和だな〜と思ったいたのですが、風は盲点でした。

まったく気にしていませんでした。

三崎口駅から、まずはお昼ご飯を食べるためにバスで城ヶ島へと向かうことに。

平日でもバスはそこそこ混んでいました。

ちなみに知人がGWにここを訪れた時は、バスにとんでもない行列ができていて格お店もとんでもなく混んでいて、全然楽しめなかったとか…。

なにはともあれ三浦半島の下に位置する、城ヶ島へ到着。

景色がとてもキレイだったので写真を撮ろうと海へ近づいたのですが…。

もう、吹き飛ばされそうなくらいのとんでもない暴風のため断念。

そそくさとごはん屋さんへとむかいました。

みなさんは天気と気温だけでなく、ぜひ風が強くないかどうかも確認してから訪れる日を決めてください。

ということでたどり着いたごはん屋さん。

今回は「磯料理 かねあ」というお店でまぐろ丼をいただきました。

まぐろまんぷく券とおいしい海鮮料理を引き換えることができます

みさきまぐろきっぷの加盟店なので、まぐろまんぷく券を料理と引き換えることができます。

暴風に煽られて早くも体力を少し削られたので、ほっと一息しておいしい料理をいただいて回復。

平日に訪れるとサービスしてくれるお店もあり、かねあでも食後のデザートをサービスしてくれました。

う〜ん、お得。

ウォーキングコースは暴風が吹き荒れていない日に歩きましょう

おいしい海鮮料理をたいらげて体力を回復させた後は、城ヶ島のウォーキングコースを歩いてみたのですが…。

風が…。ね…。

みなさんはほんとにマジで、風がない日を選んで来てくださいね…。

富士山が見える海岸やら灯台やら展望台やら馬の背洞門という不思議な形をした岩やら、キレイな景色がたくさんあったのですが感想が全部「風強すぎわろたwww」になってしまいました。

三浦・三崎おもひで券で油壺マリンパークを満喫

油壺マリンパークはだれもが楽しめる水族館

気を取り直して、三浦・三崎おもひで券は何に使おうかな〜と考え、今回は油壺というところにある水族館「油壺マリンパーク」を満喫することに。

割と屋外も歩くことになる水族館だったので、ここでも暴風から完全に逃れることはできませんでしたが…。

受付で三浦・三崎おもひで券を渡すと入場券と引き換えてもらえるので、引き換えてウキウキで入館。

屋外にはペンギンやらカワウソがいたのですが、暴風に負けてあまりじっくりと観察することができませんでした。

入館したらちょうどアシカとイルカのショーが始まるということだったので、「ファンタジアム」という施設に移動して観賞。

かわいらしいアシカとイルカが人間たちを楽しませてくれました

おろかな人間たちによって調教された賢くてプリティーチャーミーなアシカとイルカが、観客を楽しませるため(エサをもらうため)にがんばる健気な姿を見て楽しみました。

その後は「魚の国」という施設に突入。こちらが、いわゆる大勢の人たちが想像する水族館です。

おなじみの魚や大きめのサメやカニ、クラゲなどがいる、いわゆる大勢の人たちが想像する水族館がそこにはありました。

なにやら魚が算数をしたり体育をしたりするショーや、メガマウスの標本もあったりなんかして、水族館好きのぼくは大はしゃぎ。

ただ入館した時間がちょっと遅くて、この日は閉園時間が16時30分だったので十分に満喫しきれませんでした。とほほ。

三浦半島を満喫して帰路へ

みさきまぐろきっぷで三浦半島を満喫してきました。

おいしいマグロ丼を食べて、キレイな景色を見て、水族館で魚たちを見て。

とても充実した1日でした。

が、暴風でウォーキングコースがつらかったのと、油壺マリンパークを訪れた時間が遅くて閉館時間までにじっくりと館内を回れなかったこと。

この2点においてちょっと不完全燃焼感が残ってしまいましたね…。

あとでまた訪れてリベンジしたいです。

それと三崎港の方に行かなかったので、次回はそちらもプラプラしてみたいな〜とも。

 

ということで、三浦半島へのプチ旅行の思い出でした。

みさきまぐろきっぷ、とってもお得です。

まだ三浦半島へ出かけた子のない人は全員、こちらのきっぷで楽しんできてください。

ちなみにみさきまぐろきっぷで三浦半島を楽しむ一番のコツは「暴風が吹き荒れない日を選ぶ」ということです。

ではでは。

>>みさきまぐろきっぷ公式サイト