デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆が最高だった

映画




アグモン進化ぁぁぁぁぁあああああぁぁぁぁぁ!!!!

 

グレイモン!!!!!!!!

 

かつて選ばれし子どもたちのひとりだったぼくです、こんにちは。

楽しみでしょうがなかった映画を観賞してきました。

何の映画を観てきたのか。勘のいい人ならすでにお気づきでしょう。

「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」

です。

子どもの頃夢中になった、デジモンアドベンチャー。

太一とアグモンたちの冒険のお話。

その、最後の進化の物語

期待していた以上によかったので、デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 を紹介しちゃいます。

切なくて懐かしくて新鮮で、最高でした…。

重大なネタバレはしません。

※画像はすべて公式サイトより




「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」あらすじ

太一たちとアグモンたちの最後の進化の物語

太一とアグモンたちが冒険したあの日々から10年以上の月日が流れた、2010年。

世界中に存在する「選ばれし子どもたち」の存在は人々に認知され、また、現実世界にデジモンがいることも日常となった時代。

太一もヤマトも大学生となり、各々の進路について頭を悩ませていました。

そんな時に世界中の選ばれし子どもたちに関連する、ある事件が頻発します。

太一の前に姿を表した、デジモンについて研究する女性学者メノア

彼女は事件の原因は未知のデジモン「イオスモン」だと言い、早速太一たちは電脳空間にいるイオスモンの元へ向かいますが…。

イオスモンと対峙する中でデジモンたちに異変が。

その様子を見たメノアは、異変の原因がパートナーである人間自身にあると言います。

メノアが口にした原因は、太一たちにとって衝撃的なものでした。

そしてエオスモンの脅威は太一の周りの選ばれし子どもたちにも及びはじめ…。

そんな感じです。

「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」感想

人は誰もが大人になります

いやー、切ない切ない、最高のデジモン映画でした…。

もう、出だしからファンなら鳥肌が立つような演出で始まり、いきなり心を鷲掴みにされました。

オープニングテーマも何のアレンジもない「Butter-Fly-」で気絶するかと思いましたね…。

大人になった「選ばれし子どもたち」と、あの頃と何も変わらないデジモンたち

デジモンたちとずっと一緒にいたいけど、大人になるとそうも言っていられない。

将来のことを考えなければならず、それに向かって日々学校にバイトにと時間を裂かなければなりません。

多くの人々、ぼくも同じように大人になってきましたが、こうして他人の人生を俯瞰すると切ないものですね。

ずっと子どもではいられない。人はいつしか大人になる

「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」では、そんな現実を選ばれし子どもたちにも容赦なく突き付けました。

しかし太一たちは前に進もうとし、アグモンたちもまた、そんな太一たちを心から応援します。

泣きました。

あの頃「選ばれし子どもたち」だったすべての人へ

大人になった太一たちと、何も変わらないアグモンたち...

ということで、映画「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」を紹介しました。

ニクい演出、作画、ストーリー、バトルシーンとすべてが最高で本当にいいデジモン映画でした…。

ぼくと同じように、あの頃「選ばれし子どもたち」だった人は大勢いると思います。

そんな人は全員、今すぐすべてを投げ出してがむしゃらに映画館に駆け込み、無我夢中でデジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆を観賞してください。

大人になって忘れてしまった何かをきっと思い出すでしょう。

ぼくは思い出しましたが、それが何なのかはわかりません。

…ダメじゃん。