「新世界より」の感想




また面白い小説を読んでしまったぼくです、こんにちは。

その小説の名は「新世界より」。

知人にアニメがおもしろいと勧められて、調べてみたら小説が原作とのことですぐに購入してみたら…。

もう、とんでもなくおもしろかったです。

上巻、中間、下巻と全3冊のとんでもないボリュームだったのですが、とにかくおもしろくて読むのが止まらずすぐに読み終えてしまいました。

人間ってこわいな、と改めて思うようなお話でした。

割と有名で、割と昔の作品ですが紹介しちゃいたいと思います。




新世界より・あらすじ

人々が超能力を使えるようになった世界とは...

物語は今から1000年後の日本

人間は「呪力」と呼ばれる超能力を身につけていました。

人々は「バケネズミ」という醜い生物を使役し、とても平和な生活を送っていたのですが…。

神栖66町に生まれた少女・渡辺早季も呪力を扱えるようになり、ある日仲の良い同級生たちと町の外へと出かけます。

そこで出会った奇妙な生物「ミノシロモドキ」。

早季たちはミノシロモドキから、次々と驚くべき事実を知ることになりました。

1000年前に起こったこと、それから現在に至るまでの人類の歴史。

にわかに信じられない内容でしたが、果たして真相は…。

そして人間が使役している、一見すると人間にとても従順なバケネズミ。

バケネズミも早季たちに深くかかわってくることになるのですが…。

歴史を知ってからどうしても町の大人たちへの不信感を拭えない早季でしたが、神栖66町での生活は続きます。

いくつもの不可解な事件が起こり、ついにはとんでもない大事件が…。

そんな感じのお話です。

新世界より・感想

SFっておもしろいですね

SFっていいですね〜〜〜〜〜!!!!

おんもしろ〜〜〜〜い!!!

人々はどのようにして呪力を得るに至ったのか、呪力を得たあとはどんな歴史を辿ってきたのか。

壮絶なお話でしたね。

一見平和に見える現代ですが、裏で大人たちがとんでもない苦悩をしてとんでもないことをしていたり。

ものすごく興味深かったです。

もしも呪力なんてものがこの世に存在したら、なるほどこんな問題が起こるのか、と。

ただ単に呪力って便利だな〜〜とはいかないですよね。悪いことに使う人も表れますよね。

それが人間というもの。

そういった悪い人たち、また、悪意はなくとも呪力を制御できなくなってしまったような人々をどうするのか。

難しい問題ですよね。

いろいろと深く考えさせられる物語でした。

平和というものについてとても考えさせられた

本当の平和とは一体

ぼくはよく、超能力みたいなもの使えるようになったらいいのになーとか妄想をします。

空を飛んだり、透明人間になれたり、瞬間移動ができたり、などができたら便利だよなーなどと。

でもリスクについて考えることはありませんでしたね。

もしもそんな便利な能力を人間が使えるような世界になったら、平和が維持できないかもしれない。

そうですよね、もちろん悪用する人も出てくるだろうし、ぼくも悪いことをしてしまうかもしれない。

「新世界より」ではそういった問題をどうにかしようと知恵を絞って、いろいろな対策をしています。

結果できあがったのが、あの世界。ほんとうの平和とは一体、、、と考えてしまいました。

平和を維持するということはとても難しいんですね。

がんばって生きましょう(?)